FC2ブログ

弾差し

猟期が始まり一週間ですが、猟に出たのは一日だけ。残念ながらボウズでした。
三回戦やって待つだけでネタになるようなこともなく一日が終了。
なのでネタ代わりに今季から使いだした弾刺しについてでも書きます。
DSC_0362.jpg

自分は猟の最中は猟友会のベストを着用します。
散弾銃の弾は保管庫から持ち出すときは小袋にいれており、山に入るときはベストの右ポケットに入れ替えていました。
弾数もせいぜい五発くらいなんで特に入れ替えは苦じゃなかったのですが、今年になり夏場の駆除依頼に呼ばれることが何度かありました。
夏場は仕事は繁忙期なのですが対応できる人がいなく、融通が効く自営業の自分にお鉢が回ってくるわけで。
で、暑いさなか現場に行きベストを着用、弾をポケットに入れて駆除。残りを小袋に戻して片付けとなると徐々に苦に感じるようになってきたわけで。
弾差しを使えばひと手間減ると考え買った次第です。

買ったのは十発入るポーチ式。ベルトと一体式もありましたが、そちらは二十発以上刺せれますがそれほど弾は必要じゃないんでポーチ式にしました。
ちなみこのポーチ式、マジックテープになっており開け閉めに難があったので百均で金具と磁石を買ってきてマグネット式に加工してます。


これを作業ベルトに剣鉈と一緒につければかなり取り回しが楽になりました。
でも弾刺し、作業ベルト、磁石に金具、加工に使った多用途ボンドと総合的な出費を考えるとベルト一体式でもよかったかなと思ったり……。
まあ深く考えないようにしよう。加工するのも楽しかったし。
スポンサーサイト

狩猟免許

来週から猟期が始まりますが、狩猟免許が届きました。


狩猟免許と免状、バッチがそれぞれ一種と罠の2つ。猟友会の会報に岡山県の鳥獣保護区等位置図。罠と猟銃の出猟カレンダーとカレンダー調査の結果。猟銃用火薬類無許可譲受票。あと地元の罠具の販売会社の広告が入ってました。

広告以外はだいたいいつものものですね。
それと今年は新しくなった狩猟帽子とチョッキがもらえました。……別にいらないんですけどね。
最初に登録した際にもらえた帽子やチョッキで問題も文句もないですし、いろいろ使いやすいように手を加えてます。
新しいのは背中側にポケットがないので地味に不便なんですよね。
背中のポケットは大きいので手袋や犬の紐、獲物の引き下ろし用のロープや手袋の予備を入れてありますから。
もらえるのなら在庫処分品でいいので古いタイプのをもらいたかった。
まあ何にせよ、弾薬保管庫に書類棚を使っているのでその中にしまい込む予定です。

さて、今年の猟期はイノシシが何頭取れるのか。いまから楽しみでなりません。

稗の後処理

稲刈り時期も終わり、早くも来年の米作りの準備開始です。
まずやることは耕起作業なんですが、その前に稗の処理があります。


この田はWCS(飼料米)の田んぼなんですが、除草剤の効きが悪かったのか今年は稗が蔓延りました。
WCSは茎や株も太いので倒れる事はまずないのですが、今年は稗の性で三畝分ほど倒れて収穫できませんでした。
一応機械は掛けてもらったのですが、稗を始めとした草の多い田だとかなり上の方を刈り取るので株が膝丈ほど残ってます。
ついでに倒れた稗やWCSがそのまま残っているので、このままでは耕起作業はできません。

なので最初は火を付けて焼こうとしたのですが、上側だけしか燃えず下のほうが残ってしまいました。
仕方なく草刈り機で刈り取ることに。
が、茎が太く硬い。稗もそのまま残っていると、かなり苦労して刈りました。

これで終わりなら良かったのですが、他の田んぼでも同じような状態のところがあるんですよね……。
堆肥散布もしてもらっているのでなるたけ早く刈り取りを終えたいのですが……。
もうしばらく刈って焼くという作業が続きます。

掃除も終わり

先週の八日にようやくもち米の籾摺り作業を終え、今日機械の掃除も終わりました。
まあコンバインの掃除はまできてないですが。

何度も書きますが今年の稲刈りはいろいろ大変でした。
刈り取り時期に雨。籾摺りして出荷したら水分過多。籾摺り機のロール感覚調整怠ったら籾殻が微妙に多い。
まあ雨以外は自業自得のせいですが……。

これらを踏まえて忘れないようにいくつか書いておきます。

・乾燥機の水分計は信用しすぎるな
・乾燥機の温度設定に気を配る
・籾摺り作業前はロール調整をする

籾まき作業からいえば他にも多々反省点があるのですが、忘れないように来年気をつけていこうと思います。
農協からは早くも来年の種籾注文書が回ってきました。
来年は平穏無事に米作りができるよう願います。

稲刈り終了

最後に残していたもち米を刈ってようやく稲刈りがおわりました。


今年は八月と打って変わって九月は雨ばかり。
おまけに反別が増えたり、人から刈り取りを頼まれたりでかなり時間がかかり大変でした。
天気のいい日が続けば稲刈り開始から二週間くらいで全作業が終わっていたのですが、倍近くかかるとは。

もち米の乾燥は一度止めてはぜさせる(米粒が白くなること)必要があるので一週間ほど時間を見ています。
その間、籾摺り機と米選機の掃除も必要なんでちょうどいいのですが。
なんにせよ、今年も無事に稲刈りが終わりホッとしています。
簡単な掃除をしてまたメーカーに整備をお願いする予定です。
人によっては自前で整備してますが、自分はメーカーにいつもお願いします。自分でやるよりよっぽど安心できますからね。
まあこの時期はメーカーの人も忙しいので引き取りに来てくれるのは年末か年明けかなー。
今年のような天候不順なときは飛び込み修理が多々あるらしいので。
プロフィール

伽夜丸

Author:伽夜丸
PCゲーム(エロ物含む)
STGゲーム(縦横どちらも)
を嗜む、トラックボール派
猟師もやってます

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Amazonお品書
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR