FC2ブログ

無線機修理

猟に使用しているハンディ無線機の「FT2D」。ちょっと故障しまして修理に出してました。
で、修理が完了したので引き取ってきました。


六月の有害駆除の折、前日から充電していたはずなのに何故か電源が入らないという自体に。
その時は以前使用していた「IC-P7」を使ったのですが、後日改めて充電すると何故か電池の減りが異様に早い。
フル充電しても三日と持ちませんでした。
で次の有害駆除にフル充電して持っていくと半日使用すると残量が三割以下に。

その後バッテリーがヘタったと思い資金確保して新しいバッテリーを購入して交換しても症状は同じ。
その時点で故障を疑いネットを調べました。
が、FT2Dが故障したという話はあまりなく、さてどうしたものかと思案。
購入はもう二年前なので保証切れ。通販で買ったので一々購入店に送るのも面倒なので、岡山市にある無線機屋に問い合わせてみると修理を受け付けてもらえることに。

本体、バッテリー二つ、ACアダプターおよび充電台を持っていき症状を説明。メーカーに送り修理してもらいました。
一応見積もりしてもらい修理費を聞いて修理を依頼。一週間ほどで修理完了の連絡をもらいました。

故障の原因は「電源回路チップタンタルコンデンサ」なるものが焦げ付いていた模様。ついでにOリングも交換してもらいました。
IMG_1522.jpg

返却された無線機を確認するとバッテリー二つとも満充電で問題なし。猟期前に直って本当に良かったです。
料金は部品代と修理費で5300円。送料込みで6722円でした。
これで次に有害駆除にも持ち出すことができるので一安心です。

スポンサーサイト

後片付け

先週の日曜にもち米の籾摺り作業が終わり、機械は大体掃除していたのですが、今日残りの片付けをしました。
去年の日記げたものをみるとモチの籾摺りは去年の今日にやっていました。
モチの乾燥は一手間かかるので毎年試行錯誤でやってましたので、去年は時間が掛かったようです。
今年は一度15パーセントまで乾燥したら二日ほど置き、その後13パーセントまで乾燥させると上手くいきました。
おかげで籾摺り作業が早めに終わりました。
去年は1パーセントずつ乾燥しては止めを繰り返していたからなー。
後はコンバインの掃除だけですが、これも来週に延期かな。明日は台風が過ぎて晴れるよですが、用事があって無理だし。
一応メーカーに整備を依頼してますが、ある程度は掃除をしていた方が良いですから。

で、この後台風ということで消防団の方で招集がかかっています。
何事も無く終わればいいのですが……。

稲刈り終了

もち米の刈り取りを持って今年の稲刈りは終わりました。


天気の良い日が続き、影地以外の圃場では良く乾いており、もちを植えている田はカラカラでした。
それでも乾燥機に入れたあとの水分は25.5パーセント。やはりもちは水分量が多いですね。
これを一昼夜かけて15パーセント位まで落としたら二晩ほど放置。さらに13パーセント代まで落とせばもちの乾燥は完了です。
あとは籾摺り作業だけ。
そこから機材の掃除整備片付けなどを含めるとあと十日程は掛かるかな。

コンバインは買ったばかりですが、やはり整備に出そうかと思っています。
前のコンバインは二年に一度しか整備に出さなかったのですが、毎年整備に出したほうが安心できますからねー。
お金はかかりますが、整備不良で壊れてしまったら元も子もないですから。

しかし今年は米選機の調子が悪かったので来年は買い換えないといけないかもしれません。
籾摺り機とともに二十年越え選手……。もう寿命なんでしょうね。
ほんと米作りはお金が掛かるばかりですよ。

籾摺り作業一段落

ただ米(うるち米)の籾摺り作業一段落しました。


自前の分は先週の半ばに終わっていたのですが、近所の分を受取仕事で籾摺り作業をやってました。

今年の出来は去年よりは良かったのですが、畝俵(一畝に取れる米が一俵)はいきませんでした。
まあ収量の少ない「あきたこまち」なんで仕方がないですが。
近所の「ひとめぼれ」は畝俵をいってました。

やはりあきたこまちは難しいです。
味や収量はまあ問題ないですが、収穫時期が早いこと。これはちょっと問題です。
仕事柄八月は忙しいので時間の確保に今年も苦労しました。また収穫適期が短いのも難点です。
ただ、倒れにくいというのは美点ですね。稲刈りが非常に楽です。

金額と収量でいくなら断然「こしひかり」です。
ウチは昔は「やまびこ」という品種を植えていて、こしひかりが出て来て二年ほど植えてました。
が、こしひかりは後輩が「こけひかり」と揶揄するほど倒れやすいです。
まあ最近は成長抑制剤があるので昔ほどは倒れないそうですが。
あと個人的にこしひかりは炊いたときにベチャ付いているので苦手というのもあります。

あきたこまちは倒れにくいので長年作って来ましたが、来年は品種を変えようかと考えてます。
現時点での候補はひとめぼれ。
来年もおそらく近所の分まで籾摺り作業をするので、品種を同じにすると乾燥機やもみスリ機の掃除の手間が省けること。
収量があきたこまちに比べ多いこと。刈り取り適期が長いこと。
正条植えにしてもカブが太くなり、収量が増えること。
と、こんな理由です。

正条植え云々ですが、今年ウチは通常の植え付け幅より少し広めの反当たり苗18枚で植えてました。(通常反当たり20枚
ひとめぼれは反当たり16枚の正条植え。なのにウチより収量が多いのです。
田植え準備の手間も考えるとこれはかなりプラスかと。
まあ種籾の注文時期まで十分猶予があるのでゆっくり考えていきます。

とりあえずは明日残しているもち米を刈ろうかと。
今年はスズメの被害がまだマシだったから、収量が多ければいいのですが。

プロフィール

伽夜丸

Author:伽夜丸
PCゲーム(エロ物含む)
STGゲーム(縦横どちらも)
を嗜む、トラックボール派
猟師もやってます

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Amazonお品書
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR