FC2ブログ

残弾処理

猟期も終わると各地の猟友会では残弾処理を兼ねた射撃大会があります。
自分の所属する猟友会も次の土曜に射撃大会が予定されてますが、籾まき作業の予定のため不参加で。
そのかわりに昨日県南の射撃場へ行ってきました。

午前中は用事があり昼から行ったのですが、雨が降ったりやんだりの天気のためかほかのお客さんは一人しかいませんでした。
その方も間もなく変えられたので自分と相方の二人のみ。せっかなので枚数関係なく撃たせてもらうことに。

最初はトラップのダブル。相方はこの猟期はじめに所持許可を取ったばかりですが、センスがいいのか管理人さんのアドバイスを聞いてすぐに当てるようになりました。
自分もまあそこそこ当たるので満足。
次にスキートをやりましたが、相方はもちろん自分もやったことがないのでまずは説明を聞くことから開始。
クレー放出位置、構え方、撃つ方向などを聞いたあととりあえず撃ってみることに。
感覚がトラップと違って全く当たりません。
一通り射台を回ると次は一番と七番射台で感覚と掴むため、集中的に撃つことに。
管理人さんから皿と筒先を平行にするようにといアドバイスに従い撃ち続けると、最後の方にようやく当たるようになりました。
正式なスキートの撃ち方のように銃を手に持った状態でコールするのではなく、構えた状態でコールして撃っていたのでまだまだ未熟ですが。
それでも当たった時の嬉しさは格別です。

管理人さんいわく、トラップをやってた人からすればスキートは難しいのですが、難易度で言えばスキートのほうが簡単なんだとか。
追う皿を撃つより向かってくる皿を撃つほうが簡単だというのが理由だそうです。
理屈はわかるのですが、スキートのコールして構えて撃つとうい動作になれるのには時間が掛かりそうです。

射場で撃つのは楽しいのでまた機会があれば撃ちに行きたいですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

伽夜丸

Author:伽夜丸
PCゲーム(エロ物含む)
STGゲーム(縦横どちらも)
を嗜む、トラックボール派
猟師もやってます

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Amazonお品書
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR